業界のOnly Oneへ

私たちは「産・学・官」連携のもと、何よりもお客様の視点に立って「ニーズと信頼」に応えてまいります。
柔軟な発想で明日を見つめ、社会から必要とされるOnly Oneを目指しています。

お知らせ

2017/10/10

ホームページをリニューアルいたしまた。

0000/00/00

年末年始休業のご案内

0000/00/00

休業のお知らせ

事業紹介

 

当社は、国内外のネットワークを通じて、幅広い事業領域で様々な商品の取扱いやサービスを提供しています。
「産・学・官」の連携をもとに、豊かな社会の実現に貢献することを目指し、さらなる成長に向けて全力で取り組んでいます。

ReBNA 商品ラインナップ

ReBNA 開発コンセプト

呼吸を科学して生まれた、呼吸トレーニングマスク

現代は、肥満や高齢化など社会の健康に対する不安が増大しており、健康維持やダイエットに対する関心が非常に高まっています。また、スタイルやプロポーションの維持など、より積極的な健康へのアプローチや美の追求が盛んになっています。これらの背景から、欧米に比べ低いとされていた日本のスポーツクラブ・ジム等のフィットネス利用者数は、ここ数年増加傾向にあり、近年の施設数の増加から見ても、さらなるフィットネス市場の成長が期待されます。そのような中、今後は市場の成長に伴いフィットネス施設間の競争が激化することが予想され、これからのフィットネス施設は他との差別化を図り、より効率的で個性的な運動具の提供やソフトの充実が求められていくと思われます。

 


産 ・ 学 ・ 官の連携により開発されたレブナ

東京大学 先端科学技術研究センター 人間情報工学分野
埼玉埼玉県立大学 保健医療福祉学部 理学療法学科
公立はこだて未来大学
国立大学法人 室蘭工業大学
函館工業高等専門学校
東海大学 体育学部 恩田 哲也 Ph.D. 技術指導
札幌武蔵野美術学院
函館地域産業振興財団
北海道立工業技術センター
地域独立行政法人 北海道立総合研究機構 工業試験場
財団法人 北海道体育協会
日本パーソナルトレーナーズ協会 米澤 美郎

 


レブナ開発の歴史

2003年4月  
呼吸トレーニング用具の研究開始
自社において独自に研究を進め、機能プロトタイプを開発(特許出願)

2005年4月  

地域政策総合補助金(新産業創造事業)の補助金を受ける

東海大学・函館工業高等専門学校・北海道立工業技術センター・北海道立工業試験場・日本パーソナルトレーナーズ協会の技術支援を受け、産学官連携で開発を開始

2006年4月  
(財)北海道体育協会の実験協力により、レブナ装着時のトレーニング効果の検証を行った。


2007年 10月商品化 販売開始
札幌武蔵野美術学院 マスクキャンバスに美術学生とコラボ

2008年   
公立はこだて未来大学 ReBNAプロモーション映像 撮影協力
室蘭工業大学 研究開発着手

      
平成20年度北海道技術・新製品開発賞 奨励賞 受賞

2009年5月
レブナによる理学的効果検証実験開始
  東京大学先端科学技術研究センター技術指導
  公立大学法人埼玉県立大学理学療法学科による実験評価解析

2009年11月 
特許第4413217号取得

 


 


ReBNA 研究開発 検証データⅠ

ReBNAを使用した 原著論文 学会発表リスト

 ReBNAを使用した研究報告リスト [ FOR THE REST OF  ReBNA ]
報告形式 文献名 発行年 雑誌名または学術会名 共著名 URL
原著論文 Cardiorespiratory Response during Combined
Training with Breathing Resistance and
Sustained Physical Exertion: a Pilot Study
2017 Physical Medicine and
Rehabilitation Research
Satoshi Kido,
Wenwei Yu,
Yasuhiro Nakajima, et al.
https://www.oatext.com/pdf/
PMRR-2-139.pdf
学会発表 健常成人における 運動時呼吸負荷トレーニング
による 生理学的効果の検証− 心肺持久力と呼吸筋
耐久力に着目して −
2016 第51回日本理学療法
学術大会
第3回日本呼吸理学療法学会
片倉彩子,
木戸聡史
https://www.jstage.jst.go.jp/
article/cjpt/2015/0/2015_0758/
_article/-char/ja/
学会発表 Effects of combined training with breathing
resistance and sustained physical exertion on
cardiorespiratory endurance in middle-aged
and elderly subjects.
2015 World Confederation for
Physical Therapy Congress
2015
Satoshi Kido,
Wenwei Yu,
Yasuhiro Nakajima, et al.
http://www.physiotherapyjo
urnal.com/article/S0031-
9406(15)03644-5/abstract
学会発表 地域高齢者の呼吸機能、心肺持久力向上計画
―運動時呼吸負荷トレーニングの
高齢者適用に向けて―
2014 第15回埼玉県
健康福祉研究発表会
演題抄録集
木戸聡史、丸岡弘、
笹尾久美子
 
学会発表 健常若年者と高齢者における
運動時呼吸負荷ト
レーニング中の
身体応答の評価
2014 第49回
日本理学療法学術大会
木戸聡史,兪文偉,
田中敏明,
https://www.jstage.jst.go.jp/
article/cjpt/2013/0/2013_0619/
_article/-char/ja/
原著論文 Effects of Combined Training with Breathing
Resistance and Sustained Physical Exertion to
Improve Endurance Capacity and Respiratory
Muscle Function in Healthy Young Adults
2013 Journal of Physical Therapy
Science
Satoshi kido, Yasuhiro
nakajima, Tomoya miyasaka,
et al.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/
pmc/articles/PMC3804987/pdf/jpts-
25-605.pdf
学会発表 呼吸負荷を組み合わせた新たな
トレーニング方法
は心肺持久力の改善に
寄与するのか?
2011 第46回日本理学療法
学術大会
木戸聡史, 田中敏明,
中島康博,
https://www.jstage.jst.go.jp/
article/cjpt/2010/0/2010_0_
DcOF1084/_article/-char/ja/

ReBNA products lineup

ReBNA Development concept

Nasal respiration training mask invented from the respiration science.

Nowadays, anxieties against social health such as obesity, aging, etc. are growing. And interests in health and diet are also increasing. In addition, it is getting more popular for seeking a beauty and better health approaches such as style and shape keeping. Through such a background, fitness club members in sports clubs in Japan, which is used for less people compared to Europe and the USA, are growing in a recent years. With increasing numbers of training facilities it is expected for further growth in the fitness market. In such a situation, it is predicted more competition among fitness facilities. Fitness facilities from now on must be something different from others and must be more effective by providing unique exercise devices, equipments and software to attract people.

 


ReBNA was developed by industry-academic-government cooperation

Technology Supporting Organization
Tokai University
Physical education department
Ph.D. Testuya Onda
Hakodate National College of Technology
Dr. Kenji Moritani (Engineering)
Hokkaido Industrial Technology Center

Cooperative organizations
Japan Personal Trainer’s association Yoshiro Yonezawa
Hokkaido Sports Association

Verification test for training effect by ReBNA
Technical support/advising organization

The University of Tokyo
Research Center for Advanced Science and Technology,
PhD, PT. Toshiaki Tanaka
Saitama PrefecturalUniversity
Health medical care welfare department physiotherapy subject
M.S. PT. Satoshi Kido

 


ReBNA development history

April, 2003
Starting to develop a respiration training device
Proceeding our own study and developed the function proto-type (applying for patent)


April, 2005
Granted a regional policy general subsidy (new industry creation project)Start a collaboration project with industrial/academic/governmental organizations supported by Tokai University, Hakodate National College of Technology, Hokkaido Industrial Technology Center, Hokkaido Industrial Institution, Japan Personal Trainers Association


April,2006
Practical examination for training effect while ReBNA is wearing under the cooperation of Hokkaido Athletic Association


Oct., 2007
Commercializing and launching the product in the marketCollaboration with Sapporo Musashino Academy of Art on Mask Campus


2008
Collaboration with the Future University Hakodate for ReBNA promotion movieJoining the Muroran Industrial University for further developmentAward for the Heisei 20th Hokkaido Technology and Development


May 2009
Start a verification test of physical effect for ReBNAInstructed by Research Center for Advanced Science and Technology (Tokyo Unv.)Test Evaluation Analysis by Saitama University, Physical Therapy Dept.


Nov., 2009
Acquisition of the patent, pat.no.4413217

 


 


ReBNA - DataⅠ

SNS

会社紹介

豊かな社会実現にむけて

当社は、『 産・学・官  』連携を軸とし信頼性のある商品開発をおこない、豊かな社会の実現に貢献することを目指し、さらなる成長に向けて全力で取り組んでいきます。

会社概要

会社名

PATENT WORKS Inc.

住所

北海道函館市桔梗町416-24

代表者

笠井文雄

電話番号

0138 34 7892

FAX番号

0138 34 7891

資本金

3,000,000

設立

2007/2

事業内容

その他の製造業

主要取引先

北洋銀行

沿革

0000年00月00日

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら

0000年00月00日

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら

0000年00月00日

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら

0000年00月00日

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら

0000年00月00日

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら

0000年00月00日

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら

0000年00月00日

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら

0000年00月00日

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら

企業理念

 

Chasing an advanced technology by PATENT WORKS Inc.

新規に発明した原石を先取りの感性と産学官での科学的な分析力により磨き上げ
健康を促進し、 病気やけがの無い快適な生活をお手伝いする、
時代の求める製品を創出、 社会に活かされることを目的と致します。

インフォメーション

0000/00/00

○○○○○○を発表しました

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。

0000/00/00

○○○○○○を追加しました

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。

0000/00/00

○○○○○○を更新しました

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。

採用情報

採用情報についてご案内します。
ご応募の際は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

応募職種

アクセス

交通案内

 

住所

北海道函館市桔梗町416-24